三井寺 教義の紹介
ホーム サイトマップ

喫茶得道
三井寺について

ピックアップ

名宝の紹介

教義の紹介
天台の教え
密教
修験道
三井流声明
仏教豆百科
法の華
喫茶得道


花ごよみ

連載

法要行事

拝観案内

販売

お知らせ

お問い合せ


寂 静 照 明

 この度、長吏猊下、祥壺宗匠が上梓された『いのちの食味』を拝読し、人として生かされている「いのち」の原点を見つめなおす機会を得ました。昨今はなぜか間違った生き方をする人間が増え、問題視されていますが、「食」とは人が良くなるためのものだと聞いています。私は、喫茶もその線上にあり、またとない修行の場と心得ています。

 私事ですが、昨秋突然生存率五パーセントといわれる病に罹りました。ICUのベッドの上でずっと私の心を支配していたもの、それは「凡そ法は和して争わず、是を〈寂〉と云う。争わなければ念を動かすことなし、是を〈静〉と云う。感情を離れて理に違せず、是を〈照〉と云う。理に違せざれば暗きことなし、是を〈明〉と云う」でした。なぜかわかりませんが、三井古流「寂静照明」のお心でした。

  そして、奇蹟といわれた生命をいただきました。

 今は、いつかは卒業する日のために、人間向上の修行をおろそかにせず、生かして下さった多くの人々、その他いろいろに思いを馳せ、み仏に感謝する充実した心の日々でありたいと願っています。

三井古流煎茶道愛媛分会 佐々木由子





「喫茶得道」一覧に戻る
「教義の紹介」に戻る

Copyright (C) 2002 Miidera (Onjoji). All Rights Reserved.