伝説
ホーム サイトマップ

伝説
三井寺について
境内案内
歴史年表
伝説
歴史散歩


ピックアップ

名宝の紹介

教義の紹介

花ごよみ

連載

法要行事

拝観案内

販売

お知らせ

お問い合せ


教待堂

金堂の背後、光浄院へと向かう石段の脇に建ち、 教待和尚の御像を安置しています。 教待和尚は智証大師入山まで当寺を護持していた不思議な老僧で、 大師を迎えるとともに、石窟に入り姿を隠したといいます。 のちに大師はこの石窟上に一宇を建て廟としました。

この石段は今も和尚像を安置する須弥壇の真下にあり、 昔から当寺の僧が出家の際、その落髪を窟内に納める伝統が残っています。
教待堂
教待堂




その他の伝説
弁慶の引き摺り鐘

秘仏・金堂のご本尊

三井の霊泉と九頭龍神

相模坊と天狗杉

ねずみの宮と頼豪阿闍梨

村雲橋

観音さまの御遷座

三尾明神と影向石

童子因縁鐘




伝説の一覧へ戻る

Copyright (C) 2002 Miidera (Onjoji). All Rights Reserved.